起業した女性のための表現力向上委員会

レジ前で「ありがとうございました。いらっしゃいませ~」が気になる理由

こんにちは。長谷川亜由美です。

スーパーやコンビニのレジで、よく聞く言葉ではないでしょうか?

「ありがとうございました。いらっしゃいませ~」

私、この「ありがとうございました」に続けて「いらっしゃいませ」というのが、どうも気になるんです。

もちろん、忙しいのはわかります。

次々に、さばいていかないと、レジにお客様が並んでしまうのもわかります。

でも、でもね。

「ありがとうございま」ぐらいから

気持ちをすでに、次のお客さまに向けられてしまうのは

こちらとしては、かなしいです。

まるで男性にフラれたかのような気分です。

とりあえず、最後まで、私を見て!

そして、一呼吸おいて、まぶたを閉じてから

次の方に「いらっしゃいませ」と言ってほしいです。

丁寧な所作とは「間(ま)」にあると思うのです。

たかが定型文と思わずに、心を込めるだけで、お客様の「またこの店に来たい」という気持ちを駆り立てることができるかもしれません。

投稿者プロフィール

長谷川亜由美
ホームページリニューアル専門の制作会社 株式会社エーアイ・コミュニケーションデザイン代表取締役

ここ「起業した女性のための表現力向上委員会」では、女性が起業をしたあと、末永くお客様に愛されるために必要な「書く」「話す」「見せる(ブランディング)」について、お伝えしています。私の33年におよぶ経営経験に基づいたことばかりなので、実践的な内容です。